虫ピン (2) 
 
壁に雑貨を飾りたいけど、どうやったらいいのか?

疑問に思っている方は多いのではないでしょうか?

うちでは、全部これで解決しております。

   
虫ピン (1)

これです。
『虫ピン』。

370本入りで、100円くらいだったと思います。(ちょっと曖昧)

この虫ピン。
コンクリートの壁や、鉄骨のない場所以外なら、ほとんど刺さります。
そして、がっしり留めます。
そして、そして、抜いた跡がまったく、全然分からなくなります。


デメリットは、打っている最中、壁の中の材質によって、刺さりにくくなって、
曲がってしまうこと。
でも、(私的には)、曲がったピンを抜いて廃棄し、今度はその場所を
避けて打ち直せば全然問題なし。

うちの壁付の雑貨はすべてこれで留まっています。




一部をご紹介。

最初の写真は、100均の木製コースター。虫ピン1本ずつ使用。


マンスリープレート(陶器)にも麻紐のところに1本。

   
虫ピン (3)


パズル&額縁は、上部留め金に2本、下に支えに3本。
(※額縁は、全面プラスチック製)
 

             
虫ピン (4)

おもちゃも。

   
虫ピン (5)


ファブリックパネルは、壁に垂直に4本等間隔に虫ピンをうち、上部をひっかけ、
下を2ヶ所で支えています。
(※写真は下部の支え)

   
虫ピン (6)
 

前の家の時からずっとこうやって雑貨を飾っていますが、落下したことはありません。

この方法、意外と知らない方が多いようで、ちょっと驚かれます。

そして、そして、どなたでも楽しめる方法だと思います。

ぜひぜひお悩みの方は、お試しください