またまたオークションで落札したもの。

『スウェーデン製のタペストリー』

説明書きによると・・・。

ウール毛糸で全体にロングアームドクロスステッチされた壁掛けです。
ロングアームドクロスステッチはクロスステッチの変形で斜めに刺す一針が長く
その部分が二重になり 普通のクロスステッチより分厚くしっかりとした
出来上がりになります。
こちらではTvistステッチと呼ばれ昔から馬車の座り台やマットなどに刺繍されてきました。
畝のように刺されたステッチの方向を変えると同時に刺繍糸の色取りを変えることに
よって生まれる陰影が素晴らしいです。
抽象的な鹿やお花など スウェーデンに昔から伝わる伝統模様です。
渋く深みのある色合いから、使われている毛糸は草木染めのウール毛糸が
使われているように思われます。
コケ色コットン地の裏布つき。
ベルプルはアンティークな真ちゅう製。  


実物はこれ。

 
タペストリー (1)  鹿の柄&緑色に惹かれて落札っ

廊下の壁、ダウンライトの光が当たる位置に、虫ピンで留めてみました

 
タペストリー (2)  シンプルで素敵っ

こうやってどんどんお気に入りの物で、部屋が埋まってくればいいなぁ~

洗面所にある三面鏡(裏)の収納♪

初ファブリックパネル♪

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)