備蓄

金曜日、隣市で開催された、整理収納アドバイザーのスキルアップセミナーに
参加しました。

セミナータイトル 『 家の中かkらはじめよう!地震の備え 』 。

講師は実際3.11を経験された、仙台在住の女性。

なんだかですねぇ、考えさせられました。

うち、目指しているのは、『シンプルライフ』なんです。
必要な物、大切な物、お気に入りの物だけで暮らす生活。

それを目標に、日々、極力ストックを置かず、「使い切る」を徹底して
暮らして来ました。

が、もしも震災が起きたら、うちっていっぱつでアウトだな・・・と。

平常時であってこそ可能なシンプルライフ。

うちのお子様たちは、4歳&2歳なので、なんでもかんでも食べられるわけではない。
(もちろん被災時にはそんなこと言ってられないと思う。)

やっぱり、家庭にはある程度の、その家族にあった、家族のための
「物の備蓄」が必要
だなと。

心入れ替え、いつかは起こると言われている「東海地震」に備える生活も
考えながら暮らしていきたいと思います。

またその後どうなったか、いつか記事にしたいと思います。



まずは、お米&お水。
お水は、常時4リットルは冷蔵庫に入っているので、それ以外に2リットル×10本を保存。
お米は今日、買いました。

あとは、子ども達にも食べられそうな缶詰類。
講師が、「普段食べ慣れないものを備蓄しないで」と言っていました。
なので、あえて、いわゆる保存食用の缶詰(かんぱんとか)ではなく、
野菜の缶詰やソース缶などを購入予定です。


それにしても・・・。

震災後は、真っ暗な中、ガラスが飛び散っていても、掃除機もかけられない。

言われてみれば当たり前ですが、考えもしなかった。

ちびっこのいる生活で、じゅうたんにガラス破片。

ありえない。

震災の恐ろしさ、身近に感じると、やっぱり日々の平穏な暮らしがありがたくなります。

テレビを撤去♪

玄関からの『日本一』の景色♪

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)